ヒゲの近所のコンビニのうちひとつが、
どうやらこのヒゲめに抱かれたいらしく、
ちょっと前に、店舗をヒゲの家の微妙に近くに移転して来ました。

 ○              ●  
ヒゲの家           コンビニ
       ↓
 ○            ●
ヒゲの家         コンビニ

イメージとしてはこんな感じ。
歩きだと未だにちょっとめんどい距離。

それでも、それにより最寄のコンビニになったことには変わらないので、
ネームや下書きを担当のひとにチェックしてもらうための
コピーを取る際はそのコンビニをちょくちょく利用させてもらってます。

んで、そのコンビニはコピー機が店の奥、
トイレのすぐ前にあるのですが、
先日ヒゲがそのコピー機でガインガインコピーしていたところ、
そのトイレの前をソワソワしながらうろつく小太りのオッサンが。
なんか怪しい人だなーとか思いながらコピーし続けてると、
別の、ガタイのよさ目のオッサンが来店し、まっすぐ便所へ。
すると、それを見た小太りオッサンも、
待ってましたといわんばかりに、ガタイのいいオッサンのあとに続いて便所に。

アッーーーーー!!!!

まあ憶測でモノをいうのはアレかもしれませんが、
そうとしか思えないじゃないですかー!やだー!
ちなみにオッサンたちは、その後ヒゲが店内に居続けた15分強、
ついに便所から出てきませんでした。


さて、リンクの方追加させていただきました。
Superior -スペリオル-
RPGツクールVXでゲーム作ってらっしゃるとの事です。

RPGツクール懐かしいなぁ。
RPGツクール3はヒゲの青春。主に中学時代の。
敵や武器の名前、データ考えてるときはそれだけで鼻血出るレベル。
キャラのノリが軽めなやつが多かったり、小ネタが多かったり、
ヒゲの基礎はここら辺で出来ていたのかもしれません。
ちなみにシステムで1つ、シナリオで3つメモカ使用でした。

基本ゲームのリメイクはあまり興味のないヒゲですが、
もしツクール3を、素材増量+キーボード対応で
リメイクしていただけるなら、
諭吉使用も辞さない覚悟です。

多分サルのようにプレイすると思う。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック