昔「スレイヤーズ」という、
ファンタジーなライトノベルが大好きだったことを
訳あって、
いくらのしょうゆ漬けオニギリを食べつつ思い出しておりました。

そういやこのヒゲめのスレイヤーズとの出会いはナカナカ変則的で、
ヒゲがいたいけなショタボーイだったころ、
ある日学校から帰って、ゲームでもするかとテレビをつけると、
ほとんど電波の入っていないチャンネルの、
ノイズだらけの向こうに、まるでRPG ゲームの世界観のアニメが!
それがまさにスレイヤーズだったのですが、
ドラえもんとサザエさんくらいしかアニメを観たことがなかったため、
そんなアニメがあるなんて、と衝撃を受け、
ゲームをするのも忘れて魅入ってしまったわけなんですが、
その後、学校でFFやドラクエみたいなアニメがあったと言ってみても、
やはりみんなアニメといえば、サザエさんとかドラえもんの時代なので、
誰にも信じてもらえず、
ヒゲ自身も作品名を確認し忘れ、観た時間も忘れしてしまったため、
あれは夢だったのかもしれない…と
記憶の彼方へ葬り去ってしまいました。

時は流れてヒゲが青春真っ盛りの確か中学時代。
ちょっとしたラノベブームが巻き起こって、
乗るしかない、このビックウェーブに、と乗っかって、
たまたま手に取ったスレイヤーズを読んでみると、
まさに幼少の頃ノイズだらけの画面越しに見たあのシーンが!
あれは夢ではなかったのだ!

何だか前々前世あたりから探し続けていた人に再開したような、
そんな感じの気分でした。

とまぁ、いやまぁそれだけなのですが、
その後、読書感想文のせいで活字がほんとダメだったのに、
激ハマりして1日数冊レベルで読みまくったりして
ヒゲの本好きの基盤を作ったりと、、
色々スレイヤーズはヒゲにとってかけがえのない作品だったのだなぁと、
今にして思います。
今度またまとめて読み返してみようかしら。
あと、久々にライトノベルを色々読んでみよう意欲が
モリモリ湧いてきた気がします。



作品の話。
現在次回作構想中です。
動きがあり次第このブログでもお知らせしようと思います。

それまでは恒例の過去作の絵を

というわけで「シークレットの向こう側」の紗綾。
ブログ用20170618
衣装とか色合いとか割と気に入ってたりします。

リクエスト等あれば気軽にコメント欄に描き込んでくださいませー!



4koma12_201706182155441ab.jpg
スポンサーサイト
ちょっと私用で秋葉原にて飲み会に参加し、
そのついでに、折角(比較的)近場に来たんだから、と
翌日電車に揺られ、
埼玉県は東武動物公園まで行ってきました。

その日は割と動物たちもアクティブで、
看板のホワイトタイガーをはじめ、
動物たちの生き生きとした姿を見ることができたうえ、
ちょうど話題になった「けものフレンズ」とコラボの真っ最中でもあったようで、
キャラクターたちのパネル等で賑やかさに花を添えており、
歩き回りへっとへとになりながらも終始笑顔(生まれ持ってのゲス顔)で
一日を過ごすことが出来ました。

その中でも、ヒゲ的に最もグッときちゃったのが、
動物園の一角ある犬猫と触れ合えるコーナー。
普段進んでいくこともないのですが、
その日は犬好きのヒゲの血が
「最近ワンコ分が不足している」と訴えてくるので、
ふらふらとコバエホイホイに誘われる虫のように行ってみることに。
すると、そこの犬たちは、もともと犬たちは人間に慣れているのもあるのですが、
その中の1匹がえっらい懐いてくれて、
ヒゲの膝の上で仰向けで腹を晒したまま昼寝まで開始。
そのキャワユイのなんの!
よおっし!鼻血が出たっ!
ワンコ分不足解消どころか、より飢えちゃった感じもしないでもないですが、
とにかくなんかいい思い出が出来ましたッ!
今度実家に帰ったら、今実家で買っているワンコも3割増しで愛でてあげようっ!

なおその後、気分を良くして猫のふれあいコーナーにも行ってみたら、
すべての猫が、まぁ逃げる逃げる。
まじかよニャンコたち…



作品のお話
【ワンモア・エイジ】全2巻
好評発売中です!

ブログ用20170601
6月、梅雨ということで、通り雨に降られた逢と香苗で。

10.jpgcomics2_20170601232958d34.jpg
       【1巻】                   【2巻】
逢と香苗それぞれが表紙、
80歳の爺の若返りコメディ、
是非お手に取ってくださいませ!


次回作も構想中です、
また動きあり次第こちらでも情報お知らせできればと思うので、
どうぞよろしくお願いします!



続いていつものオマケ
4koma11.jpg
身欠き=身を割く。つまり開き、的な意味らしいです。
つい先日初めて知ったよ…
ニシン自体地元じゃあまり馴染みなかったから…(言い訳)