以前もちょこっと書きましたが、
ちょっと仕事場を拡張するため物件を探していたら、
なかなかいい感じの物件が見つかったので、引っ越し準備開始。

実家から現在の仕事場に引っ越す際は、
あまりに慌ただしくて必要最低限のものだけ宅急便で送るという
引っ越しだか夜逃げだかわからない有様だったので、
今回は余裕をもって3週間ほど前から準備開始。
これだけ期間があれば荷造りや手続きも余裕だね!

…と思っていたら、引っ越し会社と契約した際にもらえる
荷造り用の段ボールの山に唖然。
別に使い切る必要もないのですが、
視覚的に「これだけの分荷造りしないといけないのかYO」と
ウンザリしてしまい、やる気が一気に消沈。

なんというか、夏休みの山のような宿題を前にして
やる気が一切無くなるアレのような。

というわけで荷造りが全く進まないまま、
気が付けば明日が引っ越し当日。誰かタシケテ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
お仕事の方は相変わらずまだお伝えできる段階ではありませんが、
何だろう、荷造りからの逃避のせいか、仕事の進みが早いような。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

それはそうと、引っ越しに合わせて家具を新調しようと
電気屋やら家具屋を回って知ったのですが、
4月の増税前の駆け込み需要で、どこもかしこも品切れらしく、
おかげさまで3週間前から引っ越し準備を始めたはずのヒゲの新居には
数日間冷蔵庫がないという事態に。よりによってこの時期に。

駆け込み需要…うわさには聞いていましたが、マジだったんだなあこれ。
スポンサーサイト
ある日、自分でも理由がよく分からないまま心が凹むというか、
すっごい!ダウナーMAXな感じになってしまって、
このままじゃダメになると思い、
急遽、ヒゲと同じく東京在住の学生時分からの友人を誘って飲みに。

おかげで完全回復して元気百倍!になったわけなんですが、
夕飯作ってる最中だったのに、
ヒゲの無茶振りに文句ひとつ言わず付き合ってくれた、
その友人には真面目に大感謝。
ダメもとで誘ったというのに、ヒ、ヒゲはいい友人に恵まれたのだ…ッ!
次会った時にはとびきりの恩返しをするぞー!
具体例はなかなか思いつかないけど!何かを!

―――――――――――――――――――――――――――――――

何の脈絡もなく過去キャラ描いてみようコーナー2
ブログ用20140506001
お伝えする段階の仕事がないブランク期間だからこそ、
何の気兼ねなく過去キャラを描けると前向きに考えてみるッ!


「悪魔と俺」の続編というか前日譚というか、
そんな「かみのみっ」の主人公、カヤをひとつ。

「カガクなヤツら」の笠間というキャラもそうですが、
カヤみたいなサバサバしたキャラはなんだかヒゲ的に
動かすのも観るのも好きです。
あ、サバサバしたキャラと男勝りのキャラは違うのですよ?

――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、その友人と飲んで完全回復していい気分で帰路につくヒゲ、
途中でうっかりうまそげな&深夜営業のラーメン屋を発見。
飲んだ後の締めのラーメンは何故にあんなに魅力的なのかッ!?
特に九州豚骨この野郎。この店は九州豚骨とは別ですケド。

とはいえ、散々飲み食いした後だったので、
さすがにラーメン一杯はきついかなと思いつつ店のメニューを除いてみると、
「小盛りできます」の文字。

そいつは渡りに船、入るしかねえや!と舌なめずりしながら入ったヒゲ。
早速小盛りで!と注文し、待つこと数分、
運ばれてきたのは、すり鉢のような丼から溢れんばかりのラーメン
あれ、こ、小盛り…?

呆気に取られるヒゲを前に店の方曰く、
「ウチの1玉は、普通のラーメン大盛りくらいの量があって
 大盛りはそれが3玉入ってるんだ!(ドヤァ)」
あれ…なぜヒゲは自信満々に大盛りの解説を受けてるんやろう…。
成程よく考えなくても、これはどう考えても大盛りです、本当に以下略。

要するにヒゲが注文するとき、
「小盛り」という言葉の「こ(KO)」の「K」の部分が
いまいち通っていなかったのか、それでお店の方に
「大盛り」=「(k)OMORI」という感じで伝わっちゃったご様子。
こ、これ多分ヒゲ以外でも同じ目にあっちゃった人いるんやないやろか…。
食券とは偉大だったのだ…・

ちなみにラ・メーンはおいしかったですが、
流石にたらふく飲み食いした後のヒゲにとってその量は割とガチ致死量。
しかもこんな時に限って、小盛りなら味がガツンと濃い方がいいかなと、
コッテリギトギト系頼んじゃってたという。
その後アルコールではなく、
胃袋の重さと、リバースしたがるアブラでフラッフラになりながら
何とかオウチに帰ったヒゲ。
翌日のおトイレで出た量がなんかもうすんごかったです。