夢の超特急、まあ要するSINKANSENに乗って東京に行ってきました。
夜行バスの4列シートはちときついですが、
超特急シートなら普通にオネンネできるこのヒゲ、
自由席での席もばっちりギリギリで取れたので、
これで今回も安心して熟睡できるッ!とニヤニヤしていたところ
なにやらえらくでかい何かの音が。音というか声というか。

何事ぞと思って見てみたら、二つほど前の席で、いいお年のおじ様が
ケータイでテレビを見てらっしゃいました。多分ケータイだった。
これがなかなかの大音量、車内に響きまくりという有様でございまして、
とてもじゃあございませんが、居眠りなど不可能でございます。
マナーが悪いですわよおじ様、ンモウ、とプンプンなヒゲですが、
声は丸聞こえなれど画面がまるで見えないので、
何の類の番組なのかも分からず、同時にモンモンし続けたりもしました。
新手の焦らしプレイかもしれない。


さて、そんなモンモンする思いをして東京に行きましたのは、
何も遊ぶためではございません。
もちろん新手の焦らしプレイのお相手をしにいったワケでもございませんよ?
今回の一件で拾っていただいた出版者様と、
「悪魔と俺」の新・単行本のデザインをして下さるデザイナー様に
ご挨拶&打ち合わせに伺ったわけでございます。

拾っていただいた担当の方もデザイナー様も、
めちゃくちゃ作品作りに真剣かつ、超アツイ方々でした。
実はシャッフル同盟だったとカミングアウトされても信じるレベルです。
このヒゲもこのアツさに負けないようにしなければいけません。
シャッフル同盟には及ばずとも自由の女神砲ぐらいは頑張るんだぜ…!

そんなわけで現在「悪魔と俺」新単行本に向けて、
このヒゲ必死こいて作業を進めております。
追加でうっかり新規1話分くらいはまるっと追加しちゃいますんで、
心のどこかでしれっと期待しておいて頂けたりするとヒゲは超ハッピーです。
繝悶Ο繧ー繧ォ繝・ヨ_001_convert_20090730225510
まだ権利移譲などの問題がチコッと残っているので、
拾っていただいた出版社様や発売予定日などは
まだヒ・ミ・ツ★な段階になっています。スンマセン。
うまくまとまれば最短8月5日くらいには詳細出せるかもということらしいです。
スポンサーサイト
何を隠そうこのヒゲ、昨日大学時代の友人や先輩後輩と飲んでまいりました。
ちょっと体調がアレだったので、出てくる酒や料理を
ンマーイ、ハムスムシャペロリスと見境なく暴飲暴食をするわけにはいかず、
まあチビチビとやっていたわけですが、
心安らぐひと時を過ごすことが出来て、このヒゲはハッピーですターイ。

そしてそのハッピーなお花畑気分のまま
帰りの電車に乗り込んだら、さあ大変、
その電車で急病人が発生して電車が止まってしまい、
見事気分台無しになり、ショボクレンヌなヒゲなのでした(今日のわんこ風)


「悪魔と俺」の再出発に際しまして、
大変多くの方々からお祝いいただき本当にありがとうございます!
ちょっと今は詳細を書くことのできる段階にございませんが、
より楽しんでいただける作品をお届けできるよう、
拾っていただいた出版社の方と話を進めておりますので
是非ご期待ください。

あと補足ですが、原稿の返却や権利の移譲などの件は
拾っていただいた出版社の方の協力もあり、
万事前向きな方向で解決に向かっております。
繝悶Ο繧ー逕ィ・胆001_convert_20090718153941
ちょっと時間ないのでラフで


ところで、例のガンガンOnlineのほうで、
別の方の作品が、また発売中止とのこと。
ちょっと詳しいことは分かりませんが、
仮にも似たような処遇を受けた立場ですので、
どうかよい方向に話が進んでくれることを願ってやみません。


最後にスターウォーズ、
コメント欄によるとスピンオフ小説でルークも暗黒面に落ちるとか。
スタウォズ恐るべし。モウ今度機会みてコンプしようかしら。
このヒゲ、感激のあまり粗相をしてしまいそうでございます。

例の一件によって、ベコンベコンにヘコんでいたこのヒゲですが、
みんなのおかげで無闇に元気さ!

というわけで、皆さんこのたびは、
沢山の暖かい励ましのお言葉をいただき、本当にありがとうございます!
感謝してもしきれません、この気持ちをなんとお伝えすればよいのか!
心から感謝の土下座というやつでございます。い、今ならケツを掘られてもいい!

月並みな言葉で申し訳ありませんが、ご心配をおかけしました分、
より一層楽しんでいただける作品をお届け出来るよう、
未熟者なりに精進してまいりますので、
どうか今後もこのヒゲめをよろしくお願い申し上げます。


「悪魔と俺」の今後の件についてですが、
ありがたいことに、他の様々な出版者様からお誘いを頂きました。
話は大体まとまりましたので、
詳細が決定次第、このブログあたりでお知らせできたらと考えております。

あと、この場を借りて、
お声をかけていただいた各出版者様へ重ねてお礼を申し上げたく存じます。
ご多忙の中、このような作品にご厚意をいただき、本当にありがとうございました。

縺顔、シ_004_convert_20090715043006


最後に、フォースの暗黒面に落ちたのは
ルーク・スカイウォーカーではなくて、
アナキン・スカイウォーカーでした。てへ。
コメント欄で指摘してくださった方、超サンクスでございます。
     あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
       
 『3話分の作品を描かせていただいたと思ったら
  そんなもの最初から描いていなかった』

 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
  おれも 何をされたのか わからなかった…
  
  頭がどうにかなりそうだった…

 記憶違いだとかデタラメだとか
   そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

 もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…


…まあそんなわけで今日ようやく気付いたんですが、
前回、単行本発売中止になったことをお伝えした「悪魔と俺」、
なんかサイトからも作品自体消されているみたいですね。
ご丁寧にカレンダーからも痕跡が消されていてマジビビリました。
どうやら存在自体なかったことにされたようです。

単行本発売中止に続きこの仕打ち、
M男もどっ引きするんじゃないかというこの鬼畜っぷりに、
ちょっと流石にこのヒゲもへこんだわけでございます。

このヒゲに残されたのは先日送られてきたこの見本誌だけでございます。
正直失意で下血して死にそうですが、
形に残るものが残ったので少しは心の支えに…おっとこんな時間に電話だ。

ひ、ヒィィ見本誌も回収っすかあああ!?

時期的に運が悪かったのも分かりますし、
気に入らない人には気に入らない作品だったでしょうけども!
アタシは未熟な腕前なりに作品には真摯に取り組んできたし、
何より作品を楽しんで下さったり、単行本を心待ちにして下さっていた
読者の方も少なからずいらっしゃったと思うんです!
それを全否定してここまで徹底的に無かったことにするのは、
いくらなんでもドSすぎっすよスクエニさ----ん!!?

…とまあこんなヒゲがいくら吼えたところで何か変わるわけもなく、
残るものは何もない結果になりました。
おお、胃が痛い。ノンヒクシォンで

そんなわけですので、まあ、なんというか、
もしよかったらたまにでも「悪魔と俺」というヒデェ漫画があったな、
とでも思い出してやってください。ヒゲが喜びます。ドゥフフ。そんな話。


ああでも禍福は糾える縄の如しといいますか、
うれしい出来事もございまして、
このヒゲが尊敬するとある方から
暖かい励ましのお言葉をいただいたんですよ。
いやもうマジ大感激というやつでございまして、
ルーク・スカイウォーカーばりに
フォースの暗黒面に落ちかかっていたヒゲですが、
やる気と希望がムンムンわいてきましたよ。
情熱を持って次の作品作りに取り掛かることが出来るぜーーーッ!


長々と湿っぽいネタを繰り広げてすいやせん、
へへっ、かんべんしてつかぁさい。
さあ、次からはもっとフツーの明るいネタでも書くぞー。

あと画像ないのはさびしいので、
てけとーにコミックスの裏表紙でも貼り付けときます。
見さらせ、これが男の生き様じゃあ! 違うか。
NEC_0002_convert_20090712224021.jpg
こんなんでした。
去年の秋ごろから、「ガンガンONLINE」というWeb上の雑誌で、
「悪魔と俺」という作品をチョコチョコ描かせて頂いていたのですが、
応援してくださった皆様のおかげで、
このたび単行本化ということになりました。ありがたいことです。

で、昨日見本誌が届きました。
おまけ要素も多数追加しましたので、
全話ご覧になった方でもきっと満足していただけると思います。NEC_0001_convert_20090712223904.jpg

まあ発売中止になっちゃったんですけどね

楽しみに待っていてくださっていた方には大変申し訳ありません。
生み手としても至極残念です。
何とか発売できないか聞いてみたのですが、
アタシや担当の人の手に負えないところでの決定っぽいので、
少なくとも現状どうにもならないっぽいです。

というか、この発売中止に補償の類も一切なしなので
ちょっと色々と死にそうです。
もう色々と信じられへん!

というかブログ更新2回目ですでにこんな暗いネタというのも信じられへん!
テストついでに先週の話。
ほら、アレ、トランスフォーマーリベンジ観にいきました。
うん、フツーに面白かったですよ?
ただ敵味方多すぎて、しばしば区別がつかなくなったのはワシだけじゃないはず。

いや、ワシだけかもしれんディー。