盆ということで帰省したのですが、
今年、このヒゲめの盆の過ごし方はこんな感じでした。↓
4koma16.jpg
うーんこのゲーマー家族。

ピーチ姫助けたり地球守ったり大忙しでしたよ。

ヒゲめのfatherは最近までゲーム封印してましたが、
RPGなんかプレイし始めると、
(例えヒゲやヒゲのbrotherが投げ出すアレなゲームでも)
気がつけば全要素をコンプリートしてる剛の者です。



さて、頂いたリクエストその5です!

【カガクなヤツら 緋月透子
プールの授業、体育教師の代わりに
パツンパツンの競泳水着で参加し、
男子生徒のエチー目の囲まれる透子さん】

ブログ用20170817
とりあえずシーズン中に水着リクエストを最優先で!
あっ、男子のエチー目がうまいこと隠れてしまった…ッ!

透子さんは自分の体に自信があるタイプなので、
男子生徒の視線を浴びても、むしろ堂々としてそうです。

しかし「カガクなヤツら」世界観のプール授業、
何も起きないはずがなく…
…カメラの外の綾奈とか危なそうです。



おまけ。
マリオ3やってた時のお話。
4koma17.jpg
実際今回マリオ3やってて、見た覚えのないステージが次々と…
スポンサーサイト
縁あって「ワンダーフェスティバル」という
立体物全般の一大イベントに行ってまいりました。

ワンフェスというとフィギュアというイメージが強いようですが、
(実際数が多いのはフィギュアですが)
特撮的な意匠あり、シルバーアクセあり、インテリアあり、と、
まさに立体物全般の展覧会、
それぞれが高い技術で、複製の利きにくい、
下手したら1点ものというものも多く取り扱っている、
まさに職人の祭り、という様相で、
会場を練り歩くだけでもその凄さに圧倒されました。

こんなにすごいイベントだったならば、
もっと早くから足を運んでおくべきだった…!

なお、会場では感動して作品の写真を撮りまくったんですが、
(もちろん許可は得ております。)
ものの見事に帰り道、データごとスマホを紛失してしまった模様…
やってしまいました…。

ちなみにスマホを紛失した原因の一端は
ワンフェスの前日、
うっかりシンゴジラを映像特典含めて観始めて
寝るタイミングを逃し徹夜で参加したため
帰りの電車で爆睡したためという…
うーん、なんというか…子供か!



そんなこんなアリながら、
頂いたリクエストその3です!

【ワンモア・エイジ 
 花ねーちゃん&花蓮 W水着】

ブログ用20170804
夏だ!海だ!
透明度の高い青い海でガッツリ泳いで日焼けして、
皮がベロンベロンになったりしてちょっと後悔したり、
海の中ででっかい魚見つけてテンパったりしたいッ!

花ねーちゃんと花蓮、顔がそっくりな二人。
普段は花ねーちゃんの露出はほぼないですが、
人生数度目の人生経験を積んでたり、
賭博で破産したりとヤンチャな一面もある花ねーちゃんなので、
こういう時は妙に大胆な水着着そう感あります。


リクエストその4
【過去のリクエスト絵再掲載】
こちらは量が多いので、今回の記事の最下部
「続きを読む」にまとめてあります。宜しければ!



4koma15.jpg
別に誰かの趣味がインスタでも全然OKですし、
それこそインスタ中心の生活をしようが個人の自由ですし、
…と、通常は思っているのですが、
「ほらインスタ栄えするよー」と自分に勧められると
なんか変な感じになっちゃう面倒臭いヒゲがアタクシです。
最近映画のDVDとかBlu-ray買いに行ったついでに覗いたゲーム屋が
作品を割とちぐはぐなカテゴリーに陳列している…というか
「気持ちは分かるんだけど…なんかこう、本来は違うからね!?」
みたいなカテゴリーでの陳列が多い店でした。

例えばスニーキング主体のアクションゲーム
「メタルギアソリッド」シリーズが“シューティング”、
キャラクターが可愛いRPG
「超次元ゲイム ネプテューヌ」シリーズが“恋愛シュミレーション”
クッソ熱い内容の、元・男性成人向けADVゲーム
「神咒神威神楽 曙之光」が“女性向け”

大体知ってる身からすると笑い話で済みますけど、
お使い頼まれた人とか、
ゲームは良く知らないけどこのジャンルやってみよう、的な人からすると
なかなかのトラップだよなぁ…とか思ったり。

魚肉ソーセージが加工肉コーナーや練り物コーナーになくて、
魚の切り身置いてるスペースにあったり、
冬場の鍋のスープの素が、タレとか出汁とかの調味料コーナーではなく、
野菜コーナーに置いたりする、近場のスーパーも、
本気で混乱するので、どうぞ、改めて…。

あ、このヒゲめの作品もたまに間違われて
アダルティーなカテゴリーに陳列されています。
何でだろうなぁ(すっとぼけ)



そんなこんなで頂いたリクエスト絵その2!

【カガクなヤツら 綾奈】
コミックス1巻の極小シンクロスーツ
ブログ用20170715a
折角なのでちょっとデザインは手を加えました。

こういう所謂スリングショット的な衣装は、
オパイと股間の間の宙ぶらりんスペースの紐を、
弦の様にびんっとはじきたい衝動に駆られるのですよ…。
ネネ、分かるだろう?!

次回以降も基本以前いただいたリクエストを順次描いてまいりますので、
楽しみに待っていて頂けると幸いですよ!


4koma14.jpg
まぁ絶滅危惧種なのに、コンビニやスーパーに
嘘だろという量ならぶのは、実際ちょっとどうかな感ありますが。

「はーっ
 はーっ」
「ヒ…ヒゲ様 あなたはそうやって
 なん年の齢を重ねてきたのですか!?」

「30から先は覚えていない!


…というわけで、先日誕生日を迎えました。
フェフェフェ…このヒゲも随分と歳を取ったものです。
ええと…今年何歳でしたっけアタクシ…(素)
とにかく、誕生日ということで、心機一転、頑張っていこうと思います!

それはそうと最近読んだ小説で、
劇中出てきた「パシフィック・リム」が
“昔の映画”カテゴリーに入れられて語られていたのですが、
そ、そんな昔の映画じゃないだろう…と思いつつ、
同年公開の映画を調べてみたら、
アナと雪の女王、ローン・レンジャー、ワールドウォーZ…
アナ雪はまだ昔呼ばわりするのはアレな気がしますが、
ワールドウォーZあたりはそろそろ
「そういや昔観た…」という感じの枕詞を置いても違和感ない感じが…
4年って絶妙な時間ですねぇ…

ちょっと前にTwitter上で
どう考えてもツクリな武勇伝がちょっと流行りましたが、
その武勇伝が皆そろって4年前だったのも
この絶妙さからくるのかもしれません。

それはそうと4年前は何をしていたか、も大事ですが、
4年後今日を振り返って後悔しないか意識して、
日々を過ごさないといけませんね!

…こんな意識の高いこと言っておいて、
今日惰眠をむさぼってしまったわけなんですが…



前回のコメント欄にて色々リクエストいただきありがとうございました!

ではまずリクエストひとつめは、
二人の方からリクエストいただいた、

【アンネリーゼ×シフォン】
with壁紙サイズ&乳合わせ

ブログ用20170701
ヒゲの初期作「悪魔と俺」「かみのみっ」の悪魔キャラヒロイン2人です。
今ではよりキャラを差別化して描けると思うので、
何らかの機会があればまた描いてみたいですね。

壁紙用1980×1200でトリミングしたのはこちらです↓
ブログ用20170701b

リクエスト自体はこれで一旦〆とさせていただければと思います。
頂いたリクエスト、順次描いてまいりますのでお待ちくださいませ!



4koma13.jpg
店名まで暴露する必要あったのか…(困惑)
あぁ、これがトレーサビリティというやつなのか…。

なおアヒージョのオイルを大量に頂いたためか、
翌日までケツから大きいのが抵抗なくツルンツルン出て行って
ちょっと不安になるレベルでした。
下手な便秘薬より効きますよアレ。
昔「スレイヤーズ」という、
ファンタジーなライトノベルが大好きだったことを
訳あって、
いくらのしょうゆ漬けオニギリを食べつつ思い出しておりました。

そういやこのヒゲめのスレイヤーズとの出会いはナカナカ変則的で、
ヒゲがいたいけなショタボーイだったころ、
ある日学校から帰って、ゲームでもするかとテレビをつけると、
ほとんど電波の入っていないチャンネルの、
ノイズだらけの向こうに、まるでRPG ゲームの世界観のアニメが!
それがまさにスレイヤーズだったのですが、
ドラえもんとサザエさんくらいしかアニメを観たことがなかったため、
そんなアニメがあるなんて、と衝撃を受け、
ゲームをするのも忘れて魅入ってしまったわけなんですが、
その後、学校でFFやドラクエみたいなアニメがあったと言ってみても、
やはりみんなアニメといえば、サザエさんとかドラえもんの時代なので、
誰にも信じてもらえず、
ヒゲ自身も作品名を確認し忘れ、観た時間も忘れしてしまったため、
あれは夢だったのかもしれない…と
記憶の彼方へ葬り去ってしまいました。

時は流れてヒゲが青春真っ盛りの確か中学時代。
ちょっとしたラノベブームが巻き起こって、
乗るしかない、このビックウェーブに、と乗っかって、
たまたま手に取ったスレイヤーズを読んでみると、
まさに幼少の頃ノイズだらけの画面越しに見たあのシーンが!
あれは夢ではなかったのだ!

何だか前々前世あたりから探し続けていた人に再開したような、
そんな感じの気分でした。

とまぁ、いやまぁそれだけなのですが、
その後、読書感想文のせいで活字がほんとダメだったのに、
激ハマりして1日数冊レベルで読みまくったりして
ヒゲの本好きの基盤を作ったりと、、
色々スレイヤーズはヒゲにとってかけがえのない作品だったのだなぁと、
今にして思います。
今度またまとめて読み返してみようかしら。
あと、久々にライトノベルを色々読んでみよう意欲が
モリモリ湧いてきた気がします。



作品の話。
現在次回作構想中です。
動きがあり次第このブログでもお知らせしようと思います。

それまでは恒例の過去作の絵を

というわけで「シークレットの向こう側」の紗綾。
ブログ用20170618
衣装とか色合いとか割と気に入ってたりします。

リクエスト等あれば気軽にコメント欄に描き込んでくださいませー!



4koma12_201706182155441ab.jpg