ちなみにデスパンチとは心臓あたりを思いっきりド突いて、
心臓停止させちゃう技らしいです。なんかアメリカのテレビでやってました。
超強いですやん忍者(失禁)


それはそうと先日取材を兼ねて長野に行ってきました。

具体的には戸隠と長野市内&松本市という感じで。
色々と資料写真等取りつつ、
せっかくなので戸隠そばや、おやき、ジビエ、
そして地酒などのンまいものも堪能。
「明鏡止水」って地酒がヒゲ的に超好みでした。
これは近所の人や実家にも土産を送らねばなるめえ、と
土産をしこたま買い込んで帰宅。
そして実家に連絡を取ってみるとアラ驚き。
ヒゲのfatherとMotherが台湾から帰れなくなってました。

なんでも利用したツアーの航空会社が、
ヒゲの両親の乗ったフライト直後に倒産。
帰りの便のチケットが無効になってしまったのだとか。
あるんだなぁそんなこと…。

しかもようやくとれた振替便は、
割と事故を起こすでお馴染みの某航空会社…
その…大丈夫なんですかね…と一抹の不安がよぎるも、
何事もなく無事帰国。

旅での多少のトラブルはいい思い出ですが、
これはちょっと味わいたくない類のトラブルな気がします。
いや、話を聞いたときは大爆笑しちゃいましたが。


さて作品のお話。

【ワンモアエイジ】最新話
発売中のチャンピオンRED1月号にて掲載中です!

ブログ用20161130_0001
科学者少女、猫屋敷鈴のつくった
五感対応のVRでゲームを楽しむエイジたちの前に現れたのは…
という感じの物語です。
前回の記事ではタイマニン、タイマニン騒いでて忘れてましたが、
上記イラストの一番下にいる、猫屋敷鈴の妹、猫屋敷珠が登場します。

また、【ワンモアエイジ】コミックス1巻が
12月20日に発売いたします!

各種特典は次回記事更新時(12/12ごろ予定)に
まとめてご紹介する予定ですので、
本編と合わせて何卒よろしくお願いいたします!




ちなみに長野にて回った場所の一つ。、
戸隠にある戸隠神社とは、有名な天岩戸の神話で、
手力男命がジョイヤ!と開け放った岩戸が降ってきた場所という
天岩戸は宮崎県ということを考えると、
勢い余って飛ばしすぎじゃないですかね…という場所なのですが、
とにかくその戸隠、バスで1時間以上乗って
山の奥深くまで行かなければならないうえ、
平日に行ったということもあって、バスの客は数えるほど。
ヒゲと同行者のツレ以外は、地元っぽい方2,3人と、
デカい荷物をしょった、観光客らしい外国人の方。

地元っぽい方は途中で降りたので、
結局戸隠神社に向かったのはヒゲ(&ツレ)と外国人の方のみ。

バス停を降りてみると、戸隠神社より前に飛び込んできた「忍者」の文字。
そういえば戸隠には戸隠流忍術というものがありましたっけ。
全く忍んでいない、ちびっこ忍者村、忍法資料館、
忍者からくり屋敷等々に惹かれつつも、
ちょっと寄る時間がなさそうな上に、
そもそも時期が悪かったのか今年の営業は終了していたため、
忍者は今回諦め、戸隠神社めぐりに一本化しようということに。

しかしその時ヒゲは見てしまったのです。
その「今年の営業終了」と書かれた看板を前に
愕然として立ち尽くす、
同じバスに乗っていた外国人のオニーチャンを。
あっ…(察し)

彼はそのまま神社に参拝することなく、
とぼとぼと歩いて、元来た道を戻って行ってしまいました。
待て、歩いて帰るのは無謀だ!

ちなみにせっかく長野行ったからというわけではないですが、
次回の「ワンモアエイジ」の舞台は長野、
エイジの故郷を巡るお話です。

DSC_0017.jpgDSC_0039.jpg
戸隠神社の一部。神社複数個からなりクッソデカくて、
回るだけで半日仕事。
神社間は普通の舗装された道路の他に神道かなんかそんな名前の
獣道みたいなものがあり、せっかくなのでそっちを通ったのですが、
注意書き「クマが出ます」。やめてくれよ…。
クマは出ませんでしたが猿は出ました。
檻越しじゃない、同じ空間で見る猿って威圧感すごいですね…
メッチャガタイいいんですよ、野生のニホンザル。ムッキムキやで!
あ、途中好きな人にはたまらなそうな、西行桜も見てきました。
さすがに時期的に花をつけているわけではありませんでしたが。
DSC_0055.jpgDSC_0056.jpg
長野市内では紅葉が超きれいでした。
あんなに鮮やかに赤とか黄色になるんや…的な。
それに緑色も…!ってそれは普通の葉っぱか。
DSC_0070.jpgDSC_0087.jpg
松本城。写真の右と左との時間差はたった1時間。
この時期すぐに日が暮れるからあわてますよええ。
何気に、国宝5大城であと訪れていないのは
彦根城を残すのみになりましたよ。コンプ一歩手前。

それはそうと夜飲み屋でイナゴやら蜂の子やら蚕があったので頼んでみたら、
カウンターの隣に座っていた地元民らしき人に、
「マジかよ…」みたいなこと言われたのですが、
え、もしかしてイナゴとかって、
観光客向けで地元の人は食べない系のヤツ…?
スポンサーサイト
ヒゲは原稿の進行度が最後の方になればなるほど、
時間が切羽詰っているのと、何より手がノってきているのと相まって、
ちゃんとした食事をとらないことが多かったりします。

今回の原稿もその例に漏れず描き描きしていたのですが、
ふと流していたラジオから、今が旬のサバがどうのという話が流れてきました。
サバは、ヒゲにとって好きな魚TOP3の一角をに担うこともあり、
とたんに腹が減りだし、サバ味噌食いてぇ…!となったので、
一目散に家のすぐそばのコンビニへ。

そのコンビニ、
缶詰は108円、その他入れ替えor賞味期限間近商品3割~半額コーナーが
ほぼ常設されているありがてぇ店舗で、
もちろんヒゲはそのコーナーからサバ味噌缶をチョイス。
その際ついでだし、もう一缶くらい買っておくかと引き続き物色。

すると、普通の缶詰コーナーではなく、
割引コーナーにて「わがまま猫」という、見慣れない缶詰発見。
DSC_0001_20161114195011be0.jpg
わ が ま ま 猫
なになに、「ささみ入り、かつお、まぐろ」
缶の写真も瑞々しくてウマそう、
なるほどお魚好きのわがままな猫も満足的なヤツですな?と購入。

さっそく家に帰って食べようと缶をレジ袋から取り出してみると
DSC_0002_20161114195013b5b.jpg
/ニャーン\

キャットフードやんけ!

商品名からしてそんな感じ満々やんけ!と言われたら
アッハイ、その通りでございます、という感じなのですが、
締め切り間際のヒゲの頭はそんなことも見逃すくらい
ゆだっていたようです。

さてこのキャットフード、
買っちゃったものは仕方ないということで
いざ食うべきかどうかと悩みましたが、
なんかこれ食べちゃったら人としてアレな気がしちゃうというのと、
ひとまず締め切り間際で腹下したりしたらシャレにならないということで、
今のところ保留してます。
…でも原材料名見てると、変なもの入っていませんし、
ぶっちゃけうまそうな気もしないでもなかったり。


そんなことがありながら完成しました今回の原稿は
11月19日発売のチャンピオンRED1月号にて掲載されます。
今回センターカラー頂きました!
ありがたいことです。

内容的には、エイジと過去に登場したヒロインたちが、
猫屋敷鈴の作った大規模なVR装置でゲームを楽しむお話です。
タイマニンのような格好で。
ブログ用20161114_0001
タイマニンを知らない人は大人の自己責任で調べてくださいませ。
歪んじゃうかもなのでオススメはしない。

今回は割とサービスシーンだらけです。
だってゲームの中だからISYUKANができるんだもの!
サービスシーンはどうしても話の流れやノリが
そこで一旦止まってしまうため
劇中に用いるかどうかにいつも悩むところなのですが、
でも今回はISYUKANだもの!SYOKUSYUとか出せるんだもの!
次いつ描けるか分からないならそりゃ描きますよええ。
というわけで今回のワンモアエイジ、
無駄に肌色分が多くなっております。(白黒漫画ですが)
苦手じゃなければ是非!

あ、なんとなく逢の尻が劇中一番エロくできた気がします。



あと完全に余談ですが、コンポがぶっ壊れました。
いや、鳴るんですよ、まだ鳴るんですよ。
ただ鳴ってくれるのは、
「イヤホン差込口にイヤホンジャックを半分くらい斜めに差して
 それをぐりぐり回転させている間のみ」

なんともまぁ器用な壊れ方ダネ、チミは…。
渋谷のハロウィン、ちゃんとした会場だったり、
歩行者天国のような場所だったりで盛り上がっていたなら
こんなに賛否両論にならずに、みんな楽しめたでしょうに…。
流行った場所が普段から込み合う場所なのが悪かったなぁ…
惜しいよなぁ…と、祭り好きのヒゲは思ったり。


それはそうと、スマホがぶっ壊れました。

ヒゲの使っていたスマホはたまに
「本体が高温なので強制シャットダウンします(高温ではない)」と、
お勤めをサボりやがる困ったちゃんだったんですが
2,3日前からちょっと頻度が高くなってきたなと思ってたら、
ある日突然、うんともすんとも言わなくなってしまいました。

正確には、電源自体はつくのですが、
「起動→(数秒後)ほな…また…<強制シャットダウン>」が基本という、
完全職務放棄状態。

これでは仕事もなにもあったもんじゃないと、
即、買換えるためスマホショップへ。
しかし、上記の通り、マッハで電源をセルフオフするので、
電話帳をはじめとしたデータの引き継ぎができない状態に。

数時間粘って、ようやく旧スマホが気まぐれで
数分連続で仕事してくれたので、ギリッギリ移植に成功。
思わず店員さんとガッツポーズ。
スマホの買い替えだけで、
アテクシなんでこんなに疲弊してんでしょう。

ちなみにスマホはXperiaの新型を買ったのですが、
その店普通に、件の爆発スマホ置いてたように思うんですが、
いいんでしょうかアレ…



作品のお話。
発売中のチャンピオンRED12月号にて、
ワンモアエイジ最新話公開中です!

また、12月発売予定のコミックス作業も現在着々と進めております。
もちろん、おまけや特典等盛り込んでいこうと思っておりますが、
それと同時に今回、
話自体も一部新規差し替えをしてみようかと目論んでいます。

具体的には、ティナ登場回の第3話。
ちょっとクライマックス部分が満足いっていなかったので、
別展開と差し替えようかと。
もっとサービス要素含め、ティナのキャラを前面に出しつつ、
よりコミカルにまとめる感じになると思いますので、
雑誌でご覧になってくださった方も、ぜひご期待ください!
ブログ用20161031

あ、あと多分コミックスではTKB出ます。



ちなみにそのスマホが完全にぶっ壊れた日、
担当さんから打ち合わせの電話いただいたのですが、お察しの通り、
「①電源オンにしたタイミングで電話かかってくる
 ②思わず電話に出る
 ③「もしも」ブツッ(強制終了)
という、相手側からしたら、
ヒゲが電話に出たと思ったらブツ切りしたようにしか思えないという、
なんともまあ感じの悪いことになってしまい、
そのあと必至こいていらないフォローをする羽目に。

そのフォローの連絡もそうなんですが、
スマホが使えないうちは、主に公衆電話にて凌いだわけなんですが、
近年携帯の普及で公衆電話の数が少ないと聞いていたので、
公衆電話が見つかりにくいこと自体は覚悟していたのですが、
驚いたのはその通話時間の短さ。こんなに短いもんでしたっけ!?

体感的には、10円の場合、
「もしもしヒゲです、いやー先ほどはスイマセン。
 実はスマホがぶっ壊れちゃって、いやまいっt」ブツッ【終了】

このくらいのイメージ。
こんなんじゃ何も喋れないYO!

100円ぶち込んでみても、
ウルトラマンも苦笑いな時間で電話が切れるありさま。

でも思い出してみたら、昔ひげがショタBOYの頃、
塾通いの帰りが遅くなることが多かったので、
公衆電話から連絡し迎えに来てもらってた時期があったのですが、、
そういやあの時
「もしもし、オレ、オレオレ、オレオレオレ、、今から電車乗る」ガチャリ
くらいの業務連絡的な感じで済ましていた気がするので、
やっぱり昔からこんな感じのシビアな時間設定だった模様。

昔のドラマとかの演出で、公衆電話から、
小銭を積み上げて電話するシーンがあったりしましたが、
あれ多分10分も話すことができない気がしますよあれ。

結局その日は公衆電話代だけで1000円を余裕で越えました。
うぅん、公衆電話が少なくなったのって、
携帯が普及したからだけじゃないと思いますよ、このヒゲめは。

あ、塾通いの帰りが遅くなっていたのは、
塾で居残り勉強してたと見せかけて、
ずっとゲームセンターに入り浸っていたせいです。
も、もう時効ですやんね?
なにやら、たわわチャレンジというものがあってですな?

フムゥ…

世界はこんなにも素晴らしい(恍惚


それはそうと、ヒゲの仕事場ではスタッフさんの誕生日ごとに
ヒゲが誕生日ケーキホールで買ってきて、
仕事の休憩時間でプチ誕生会したりするんですが、
このケーキ、毎度毎度当日の朝ケーキ屋に行って見繕うという、
THE・行き当たりばったりの方法を取っていたので、
たまには予約して買ってみようかと思い立った次第。

さっそく電話で予約注文。
サイズは、と聞かれ、
そういや、いつも店頭で、
「せっかくの誕生日ケーキ、物足りないとなったら残念だし、
 奮発して、ショーケースに並んでるやつで一番デカい奴!」
みたいな頼み方をしていたので、
いつも「何号の」ケーキを頼んでたのか、ど忘れしちゃったヒゲ。
まあでも、いつもならんでる一番デカい奴頼んでいたので、
頼める中で一番デカいサイズなら間違いないだろうと、それを注文。

案の定、ちょっと大きすぎた模様。

箱から出した途端の、ヒゲ含めたスタッフ一同に漂う、
あれっちょっとコレきつくね感。
7号ケーキ(10人用)は4人で分けるにはちょっとヘビーだったのですよ?
結局これ一気に食うのはキツイわと、
余ったケーキは2日目のおやつに回しました。

あ、ケーキ自体は大変おいしかったです。


作品のお話。
10月19日発売のチャンピオンRED12月号にて
ワンモアエイジ最新話掲載されます!
ブログ用20161015
休日街に繰り出したエイジが、
とある子と街中で出会ったことがきっかけで
ちょっとした恋愛ごとのいざこざに巻き込まれて行く話です。
どうぞよろしくお願いいたします!

また、ワンモアエイジのコミックス1巻も
来月発売予定
12月発売予定(10/22修正)で、現在作業進行中です。
また折を見て詳細お伝えしていきますので、
こちらも併せて、ぜひよろしくお願いいたします!


大きいといえば、スタッフさんが、
「瀬戸ジャイアント」というマスカットを
まぁうまそうに紹介してくれたので、
お値段でちょっとにお足を踏むも、一念発起して注文。

一粒一粒が、
「人差し指と親指で作るおMoneyの形」くらい大きくて、
ジャイアントの名前に偽りなしなうえ、
さっぱりした甘さで皮ごとイケて、まぁうまいのなんの。
しかも、一粒がでかいので満足感も大きいという、
値段は張りますが、シーズン中もう一回頼んでみようか思案するレベル。

ジャイアント…デカいってやっぱり素晴らしい!たわわ!

あ、個人的にはジャイアントと一緒に頼んだ中にあった、
クイーンニーナってブドウもおすすめです。ンマァイ!
こっちも結構大粒たわわ。
コバンザメ食いました。

先の仕事上がりに、小学校時代からの友人と会い、
水族館でぶらぶらしていたら、その友人がぽつりと、
「魚を見ていたら、魚が食いたくなった」と、漢らすィことをおっしゃるので、
よし来たと、晩飯ちょっとした漁師直営という居酒屋へ行ったら、
偶然網にかかっていたんですよ、というノリで、メニューにコバンザメが。

珍しいもの、変なものに目がないひげ、さっそく注文。
ネタ枠と思って頼んだんですが、
口当たりは濃厚でプリプリなのに、後味あっさりでヒゲ的にヒット、
値段もリーズナブルで、
これはもうちょっとメジャーになってほしいレベル。
いや、広い海、まだあまり知られていないけれど、
食えばうまいよ?ってやつまだまだ居そうですね。

海といえば、木星の衛星でお馴染みエウロパで
どうやら水があるっぽいとの話が出て来ましたね。

「地球型の惑星を発見したぜ!ただし何十光年も先な!」
という途方もない話と違って、
時間的に頑張れば手の届く地点に、
異生物がいるかもというのは、なんだかワクワクしますね。
惑星の内部に水がある構造らしいので、
いるとしたら魚系という感じでしょうか。ウマいのかな…涎ズビッ。

そういや前回山陰行ったとき、旬ではなかったので諦めましたが
「ばばあ(タナカゲンゲ)」と、「とーろ」という魚もいつか食ってみたいですね。
しかし、「ばばあ」といい、
沖縄の「おじさん」「高校生」「浜の奥さん」といい、
なぜ魚にはこんな奇妙な名前がつきものなのか…。
例えば肉だと「ブランド名:卑しい豚」みたいな
変な名前はあまり聞かないのに。



作品のお話。
現在発売中のチャンピオンRED11月号にて、
ワンモアエイジ最新話公開中です!

野郎どもが全力でバカする話。
是非ご覧になってくださいませ!

コミックスも年末付近発売に向けて動き出しておりますので、
こちらも詳細決定次第追ってお知らせいたします!



そういや前回の記事で描きました、
実家帰った時に見つけて悲鳴を上げたエチー絵、
さすがに原本は前回記載した通り、闇に葬ったのですが、
描かれていたキャラは↓こんな感じでした
ブログ用20160929
当時から、オパイとフトモモでニーソな、
下を履き忘れたような、マゾイキャラが大好きだった模様。

2次創作が不得手なので、息抜きとかコレ系の絵を描く際は、
それ用のキャラ作ってたました。KIMOIとでも何とでも言うがいい!
上のキャラ含め、確か3キャラほどいて、
まぁ正直どれも似たような感じのキャラではありましたが。
「カガクなやつら」の綾奈も、この3キャラのうち1人だった気がします。
エチー作品?じゃあそれ用のストックからもってこよう!的な。
綾奈が作中突出してアレだったのは、
元からアレ用のキャラだったからなんだよ!(MMR感)


ついでに、話題にした前回にやっとけって話ですが、
せっかく昔の原稿回収したので晒してみます。

【中学時代(最初期)】
ロボ_0004ロボ_0001
なんかこのヒゲ目が今、ちゃんと漫画家になれてるのが不思議なこの酷さ。
絵も内容も惨々ですが、何が一番酷いって、
この時期が一番自意識が高かった(自分を上手いと思っていた)こと。
なんか絵を描き始めてすぐの時期って、
妙な自意識の高さが芽生える傾向がある気がするんDA!(ヒゲ調べ)
フハハハ!もっと笑うがいいや!それが最大の供養です。

【高校時代 左:初期 右:後期】
ロボ_0002ロボ_0003
後半になると多少今につながる感じになってきた気がします。
ヒゲ的にもSAN値の減少は低め。
なお、学生時代は、むしろ絵描くより、
格ゲーやってる時間の方が何倍も多かった記憶があります。
学校終わり→ゲーセン→帰宅→brotherと深夜まで対戦、みたいな。
あの頃のヒゲの手は、レバーとコントローラーダコだらけでした。
ペンダコは一切なかった。

なお【大学時代】では…
ロボ_0006
思いっきり道を踏み外していた模様。
一体どこに向かおうとしていたのか…