この夏の映画は例年になく豊作感があるように思うのですが、
その中でも一番の話題作はこれでしょうってことで…

シンゴジラ観てきました。

邦画の方のゴジラはミレニアムから最近まで続く流れを見て、
もうゴジラはハリウッドに任せとけばいいんじゃないかな状態だったので、
正直当初は見る気がしていなかったのですが、
ある日ヒゲのbrotherから、鼻息荒く電話がかかってきて、
アレはヤバい、アレはヤバいの超連呼。

これはただ事じゃないとヒゲも早速観に行ってみたのですが、
アレはヤバい…!

ネタバレしないほうが絶対楽しめる系なので、深くは書きませんが、
個人的にここ最近見た映画の中でも1,2を争うくらい大好きです。
どうしようか迷ってる方には四の五の言わずおすすめしたいレベル。

ちなみに、シンゴジラ、
これは個人的にハリウッド版超えた…!的な感じで盛り上がっていたら、
「怖い怪獣としてのゴジラは、シンゴジラ。
 怪獣対決するプロレスゴジラは、ハリウッドゴジラがやってくれている、
 2種類のゴジラが見れて2倍おいしい」的な事を言っている人がいて
ああ、これが真の前向き発言なんだなあと、妙に感心したり。

同時に、2014年版のハリウッドゴジラの件のビームを、
「(言いようによっては)人妻の口に直接ゲロ」とか言って盛り上がってる人を見て、
ああ、これが真のHENTAIなんだなあと、何とも言えない感じになったり。
あ、そのフレーズヒゲもそれ以来使わせていただいております。

とにかく、まだ観たい映画があるのでワクワクしますね。
あと、近場だけどシートが固くてケツがいたくなる映画館か、
遠出するけど、ケツがいたくならない映画館か、それが問題だ!(切実)

あ、そういや昔映画見に行ったとき、
映画開始前にハーゲンダッツアイスの劇場販売やってましたが、
あれいつからなくなったんでしょうね。
映画見てる最中飲み食いしないので、どっちにしろ買わないんですけど。



《作品のお話》
8月19日発売のチャンピオンRED10月号にて、
【ワンモアエイジ】 5話目掲載です!

ブログ用20160815_01
頭の残念なコ(↑)に、いちゃもん付けられて対決する話です。
紆余曲折あって、この話は割とエチネタ多めの回になってる感じです。

是非ご覧になってくださいませ!



仕事中ラジオ聞いていたら、
なんか精神科だか何だかの先生が面白い説を唱えておりました。

曰く、人間には、それぞれ所謂行動ポイント的なものがあって、
それを消費して行動を決定し、行動しているのだとか。

例えば、
・食事の際何を食べるのか決める→1ポイン消費、
・どこに行くのか決める→1ポイント消費、
という感じで消費していく感じらしいです。

行動ポイントが上限を超えてしまうと、オーバーヒートしてしまい、
「そんなに疲れることしていないはずなのにだるい」状態になってしまうのだとか。

話の真偽はさておき、
へー、まるでゲームみたいで面白いなぁと思いつつ、
自身を思い返してみると、午前中、洗濯掃除、買出ししたら、
それだけで午前ぐったりすることがあるヒゲは
行動ポイントが、絶望的に低い気がするこのがっかり感。

解決策はないのかと話を聞き続けていたところ、
その先生曰く、オーバーヒートを起こさない秘訣は、
「毎日の行動も食べるものも全部同じ、ルーチンワーク化して
 行動ポイントを減らさない」
とのこと。

それはそれで人生の楽しみをかなり捨ててませんかい。ドクター。
っていうか、行動ポイントの上限増やす方法はないんですかね…。
スポンサーサイト
ポケモンGO!が話題ですね。

あれ、ゲームが現実に出てきた感があって
すごいワクワクします。

無駄にドハマリして、うっかり行ってはいけないところに行って、
‘Wlcome to the HELL!”(リオの空港の横断幕)なことにならないよう、
みんな気を付けようねッ!
っていうか、オリンピック開幕直前なのに盛り上がってないですねぇ。
まあ現地の状況見てると致し方なし感ありますが。
あれ多分開催中に人死に出るで…

GOに関してヒゲの知る感じメディアとかじゃ、
否定的な意見が多く聞かれるようですが、
ユーザーが仕様に慣れてきたり、整備が整ってくると、
ちゃんと日常の楽しみの一つくらいに落ち着くような気がします。
(もちろん事故やトラブルを
 引き起こしかねない問題行動は論外ですけどね。)

あと、否定派の方々、人によっては全然的外れなこと言ってたりで、
‘とりあえず新しいものは否定する”感が漂ってるような…。
今では知識を豊かにするでお馴染み読書ですら、
悪認定されてた時代があったらしいですしね。
日本における新しいコンテンツの通過儀礼なのかも。

それはそうと、AR(拡張現実)機能って面白いですよね。
なんだか特殊な機器を使わないと見えない
別世界だか、特別な存在を見てる気分。
VRも今年来ますし、今年はなんだか21世紀感が半端ないですね!
俺、VRが出たら、あの鉄のケージの中でサメに襲われるゲームをやって
放尿失禁するんだ…。


そういやここまで言っておいて、
このヒゲめはポケモン世代ではあるものの、
ポケモンをまともにやった記憶があまりないなーと、
ポケモン発売当時のゲーム発売、稼働スケジュールを調べてみると…

ゲーセンに行けば、
KOF96に、ストリートファイターZERO2、
XMEN vs STREETFIGHTER、
STREETFIGHTER EX、
バーチャファイター3、ソウルエッジ、DEADorALIVE
ぷよぷよSUNに、ダンジョンズ&ドラゴンズ、
ウォーザード …!

家に帰れば、
RPGツクール2、スーパーマリオRPG、星のカービィSD、
バイオハザード、ワイルドアームズ、スターグラディエーター(家庭用)
鉄拳2(家庭用)、トバルNo.1(とそれに付随していたFF7体験版)、
当時は未プレイでしたが、
スターオーシャンやペルソナの1作目もこの時期…!

いやいや、こんなんポケモンやる暇ないわ!
むしろ、よくみんなこのラインナップを目の前にポケモンやれたな!
っていうか、何改めて96年のラインナップ!
ヒゲが一番ゲームにドハマリした時期は、
この時期あたりからスタートだと記憶しているのですが、、
なんだかその謎も解けたわ!
なお前年95年にはクロノトリガーとか、ロマサガ3とかも発売されていて
前後までがっちり隙のない布陣。これが黄金期の力か…!
もちろん今は今で魅力的なゲームたくさん出てると思いますけどね。

ちなみに96年には、聖獣魔伝ビースト&ブレイドって
マイナーなんだけど割と好きなゲームが発売されてるのですが、
知ってる人いますかねぇ…。
概要的には、ポケモンで例えると、
それぞれ12人づつの、光のポケモンマスターと闇のポケモンマスターが
ポケモンたち(リアルタッチ)を従え、
世界の覇権をめぐって争うとかそんな感じのTRPGでした。
ポケモンがたまに野生を取り戻して襲い掛かってきたり、
野生を取り戻したポケモンは調教師に預けて従順にさせたり、
移動にはカロリーが消費されるので、
ちゃんと飯屋で飯食わないと野垂れ死にかねないなどと、
なんだかいろいろ生臭いところがむしろイイ!ゲームでした。



ではでは作品のお話。

チャンピオンREDにて連載中の
ワンモアエイジ4話目が、
現在発売中の9月号に掲載中です!


ブログ用20160730_01
以前の記事でもご紹介いたしました通り、
人嫌いで科学者な少女と絡む物語です。

ぜひよろしくお願いいたします!



そういや海外の方からお便りいただきました。やったぜ。
メール等でメッセージいただいたことはあったのですが、
ちゃんとした書面でのメッセージは初めてなので、びっくり&歓喜。
しかも日本語を調べて書いてくれてはる…ありがてぇ、ありがてぇ…!

折を見てお返事出そうと思いつつ、
海外の方にお手紙出すなんて初めてなので、
そういう意味でも緊張しています。
日本国内へ出すのとどう違うんやろうか…
新しいものに挑戦するときって、
不安と期待が入り乱れて楽しいですね。

いや、基本無精者がいう言葉じゃないですが。
ヒゲの今の住処はマンションの3階。
そして周囲は一軒家だらけなので、
例えカーテン開けっ放しでも、全裸でベランダに出ても、
ヒゲのことを見ることのできる者などいない、
プライバシー感満点の好立地。

そんなところに住むこのヒゲめ、
ちょっと遅めに起床した先日、
体を目覚めさせるために、夏の日差しを思いっきり浴びようと、
パンイチでベランダに出て、太陽に向かって仁王立ち。

すると眼前には前の一軒家の屋根を修理しているドカタのオッチャンが!

お互い予想外の事態だったためか、
オッチャンはなんか工具を片手に、
ヒゲは仁王立ちのまま暫く見つめあっていました。

そうか、これがラノベとかで言われるラッキースケベか!

ちなみにヒゲは翌日もそのことを忘れて、
またパンイチでベランダに出たので、
あのドカタのオッチャンたちには多分ヒゲは
露出狂か何かと勘違いされている予感。

くそう、こうなったら明日は敢えて
もっと、ものすんごい恰好でベランダ出るしかないのか…ッ!
えっと、ボンデージにパピヨンマスクとか。



7月19日発売のチャンピオンRED9月号にて
【ワンモア・エイジ】5話目が掲載されます!

ブログ用20160708_01
エイジが日直になったのをきっかけに、
人嫌いで科学者な少女と仲良くなるお話です。

人嫌いで科学者といえば過去作の誰かさんブログ用20160707_02も、
一時期そんな感じでしたが、それとはまた違った内容になっておりますよ。

前回までの3話がコメディ全振りでしたが、
今回はちょっとハートウォーミングな?物語要素や
引き続き、サービス要素も入れておりますので、
読み応え的にも上がってると思いますよ!

ぜひよろしくお願いいたします!



そういやもう先月の話ですが、
ヒゲのファミリーがUSJに行き、そのお土産を送ってくれるとのことなので、
ハリーポッターの百味ビーンズというグミをリクエストしておきました。

ええ、あのゲロ味とか、鼻くそ味とか、
そういったデンジャラスなフレーバーが盛りだくさんのアレです。
詳しくはググっておくれ。

スタッフさんと仕事中の休憩時間に、
いいネタになるんじゃないかと思ったんですが、
これが思った以上にハズレの味が、YA・BA・I!。

2,3回噛んだ瞬間、口の中にあふれる悪臭とまずさ、
飲み込むことはおろか、口の中に入れ続けることも困難!
アカン!これはリアルでゲロる!と、吐き出す人多数。
っていうか、しばらく匂いが取れないYO、ヒィィっ!

軽い気持ちで頼んだネタ商品でしたが、
思った以上の殺傷能力でした。バイオテロですわこれは。
Sisterの職場にも持って行ったらしいですが、
いまだに3割余っているとのこと。買ったのいつだったっけ。

みんなもUSJに行ったときはレッツチャレンジ!
おすすめは断固しない。
人には誰しも苦手意識を持っている者があるとは思うんですが、
ヒゲにとって実は、先日まで音楽イベントがまさにそれでした。

というのも、ヒゲがまだいたいけなショタボーイだったころ、
両親に連れられ、
どなたかのコンサートに連れていかれたことがあるんですが、
よくわかららないまま長時間車に乗せられ、
さらに会場ですることなく、長時間待たされ、
ようやく座れた会場では、
物音立てることすら許されないまま、
知らない曲をいつ終わるかもわからない中じっと聞き続け、
終わった…!と思って安堵したらアンコールの掛け声とともに
(当時のヒゲにとっての)悪夢ははまだ続く…。

てな具合で、一緒に連れていかれたbrotherとともに、
すっかり音楽イベントの類にトラウマを植え付けられてしまったとか。

とはいえ、このトラウマ解消したいと思ってはいたので、
とあるロックイベントのチケットが手に入ったのをきっかけに、
一念発起してチャレンジしてみることに。

すると…うおおおっ!
知ってる曲と&自分の趣味にあった曲、
あとロックイベントなんで拳を振り上げて盛り上がれる!
音楽イベントって本当はちゃんと楽しかったんですね…!
時間が流れるのが早い早い。これはアンコールしますわ…。

そんなこんなで、無事音楽イベントに対するトラウマを払拭できたヒゲ。
これでそこらかしこで紹介されている音楽フェスに
恐怖感を抱かずに済むぞ!ヤッター!

ただその音楽イベントで腕振り上げまくっていたら、
翌日から2日間、筋肉痛で腕が上がらなかった模様。
普段使っていない筋肉使うとすぐこれデスヨ。



さて作品のお話。

現在発売中のチャンピオンRED8月号にて、
「ワンモアエイジ」3話目掲載中です!


テキサスなオパイ娘、ティナが登場する話です。
Twitterもとい、ツイスターゲームなんかやります。
実はヒゲも現物は見たことないんですよツイスターゲーム。

そんなこんなで、よろしくお願いします!

ブログ用20160627_01
最近ファッキンホット(くそアツい)な日が増えてきたので、
今日のスイーツタイムはアイスクリームだ!
先日初めてパルムというアイスを食べたんですが、あれっなにこれおいしい。
みんなが以前から絶賛してたのも納得ですわこれ…
シンプルすぎるな…と敬遠するんじゃなかったデスヨ。

余談ですが、アイスといえば、31アイスクリームを、
サーティーワンといって通じるの日本と台湾くらいらしいですね。
バスキンロビンスっていうのが正式名称。
カップに書いてる、

baskin BR robbins

…ってなんなのやらと思ってたら、こっちが正式名称だったとは…。

アメリカで、アイスといえばバニラ、チョコ、ストロベリーしかない時代に、
31種類のフレーバーで売り出し大成功したのだとか。
そりゃ3種類しかない時代に、10倍以上の
31種類も出してきたらワクワク止まらないでしょうね。
ちなみにヒゲは現在出ているフレーバーだと、
テンプテーションアイランドと、ヨーグピーチファンが好きです。



そういや前回ヒゲのパソが粗相して表示した、
「淫座ダーク」の詳細を考えてくださった方ありがとうございます。
っていうか本当に答えていただけるとは…
皆様のアツいハートを感じたましたよ…!

そうですね、ヒゲ的にはなんか薄暗い地下室が見えます…(透視能力者感)
そして、おや、あそこにいるのは…
うおお、ヒゲの家の廊下と風呂場と便所と寝室と、
あとヒゲの机のスタンドライトの電球が切れたっ!
これすべて一昨日の1日のうちの起こった出来事っ!

ヒゲがスイッチを入れるたび、ぷつんっと…。
スタンドライトは、つけっぱなしのまま飯作ってたら、
あれ、消えてる…?パターンでしたが、
とにかく、こんなことあるのか、なんて日だっ!

ここまで連続で消えられると、どうせ電球買いに行ったら、
次はまた別のとこが消えるんだろう、騙されないぞ!と
疑心暗鬼になって迂闊に買いに走れなくなるまでがワンセット。
今、ヒゲの家はとてもインザダークです。

おお、淫座ダークと変換した、ヒゲのパソ、キミは利口だね(吐血



さてそれはそうと、作品のお話。
【ワンモア・エイジ】 3話目
チャンピオンRED(6月18日発売)に掲載されます!

ブログ用20160611_01
前回に引き続き、新キャラ登場回。
新たに学生として、学校に転入したエイジが、
頭のゆるーい感じの、いわゆるあーぱーなオパイチャンで、
ついでにサムラーイとか言っちゃうような、
アメリカテキサス出身の留学生、ティナと絡む話です。
過去2話にはあまりなかった、
ちょいとしたサービスシーンなんかもあったり。

余談ですがわざわざアメリカじゃなくて、
アメリカのテキサス出身に指定した理由は
ヒゲが南部やメキシコ付近の文化が好きなだけです、ハイ。
タコスとかチリとか大好物。
ファヒータとかがっつきながら、テキーラをくいっと…!

でもリアルにテキサスやメキシコ行ったら、
ハチの巣になって帰ってくる未来しか見えなくてガクブル(偏見

そんなこんなで是非よろしくお願いします!



さて、それはまあさておき、
仕事中にスタッフさんと、あの芸能人最近見る?
みたいな話になりました。

とは言え、皆それほど詳しいわけでもないので、
ほら、あの、あったかいんだからーの人、みたいな感じで、
その方の持ちネタをまねて、質問するスタイル。

そうやって進めていると、スタッフさんの一人が、
「あ、あの人は? ほら、
 安心してください、入っていますよのひと。」

何でしょう、何を安心すればよいのか…ッ、
そこはかとなく、HATTEN場感漂うのはヒゲの気のせいでしょうか。
公衆便所とかで個室ノックして、
この言葉が返ってきたら、
ヒゲはダッシュしてその便所から脱出する自信があります。
一文字違いでエライ危ない感じに!
…と思いましたが、元ネタもよく考えれば大概だったのを思い出しました。
こんなことで大騒ぎできるほど、締切前のヒゲたちの精神は中学生です。
だからパソが影響を受けて、淫座ダークとか変換するんだyo…。

しょうがないから、
ここからは淫座ダークとは何かを議論するコーナーだ!(錯乱